ルリアメ工房の‘ルリアメ’とは大好きな瑠璃釉と飴釉からとった名前です。

最初は2色から始まりましたが瑠璃釉と飴釉の配合を変えた中間色も徐々に誕生し今では5色の釉を用いて制作しています。

道具としての用だけでない器、装飾と色彩が料理の優雅なフレームとなるような作風を心がけています。

<釉薬>

澄んだ夜空の色のようなルリ、

琥珀色のアメ、

上品で味わい深いオリーブ、

渋く落ち着いた焦げ茶、

風格のある紺、

マットな白黒系、

さまざまな表情の釉薬を使用しています。

<装飾>

皿の縁やカップの胴回りにあしらった模様はすべて印の組み合わせによって作ってあります。

細かな印模様の凹凸が釉薬と相まって独特な深い色へと表情を変えてくれます。